企業は人なり 投資は価値なり

「企業は人なり」は経営の神様こと松下幸之助氏が最初に語った言葉とされ、「投資は価値なり」は米国著名投資家、オマハの賢人ことウォーレン・バフェット氏の語った言葉とされています。
どちらの言葉もシンプルで分かりやすいものですが、私心なく且つ正しく理解し実行するのは至難の業ですね。
誰にでも出来るようなら、誰でも大起業家・億万長者になれるわけですから、当たり前といえば当たり前なのですが・・・。
私たちのような凡人は、小さな成功で傲慢になったり、些細な失敗で意気消沈したり、分かってはいても、秋の空のように心は揺れ動き、「得意冷然 失意泰然」とはいかぬようです。(かくいう私も、無論そうなのですが^_^;
たまには偉大な足跡を残した方の著作に触れてみるのも、身が引き締まって良いものだと思いました。
バカンスの移動の時間にでも、こういった方々の著作に触れてみると、リラックス時ですので、ストンと腑に落ちて、イイかもしれませんね。


By Admin|2013年8月14日|2013年,ニュースリリース|


Page Top