インターネット依存症

インターネットを知り尽くすグーグルのエリック・シュミット氏が、5年前にこんな助言をしたと言います。「パソコンの電源を切ってください。携帯電話の電源を切ってください。周囲の人間らしさを発見しましょう。( You’re going to have to turn off your computer. You’re actually going to have to turn off your phone and discover all that is human around us.)」
インターネットで収益を上げている企業のトップが、こういった発言をしたことには少々驚きましたが、少し冷静に考えてみれば当たり前のことを言っているようにも思えました。
インターネットや携帯電話・スマートフォンの登場で私たちの生活はとても便利になりましたが、それに伴う弊害というのも無視できないように思えます。
目と目を見て話す面受の大切さを身体感覚で理解出来ない人が多く出てきている、ですとか、一つのことを集中して考える能力の低下をもたらしている等、諸々の弊害を生んでいるような気がします。
もちろん、感覚的に「ネット中毒はまずい」と思い、必ずインターバルを入れるようにしているとか、スポーツをしたりして身体感覚を呼び戻すようにしている、などの工夫をしている方も多いのではないかと思っています。
現代社会において、インターネット無しの生活というのは考えられなくなっておりますが、人間らしさと言いますか、そういったものを失わないように、そして失われたものを呼び戻すような工夫を積極的に取り入れることは、とても大事なのではないかと思っています。
そういった意味でも、スポーツはとても良いものだと思います。
また、プロの本物の才能に触れてみるのも、大きな刺激となって、忘れていた感覚を取り戻す良いきっかけになるのではないかと思います。
我々が応援する「東京サンレーヴス」の試合は、選手の息遣いが聞こえるほどの近距離でゲームを観戦することが出来ます。
TVなどで試合を観戦するのも悪くはないですが、会場で選手の真剣な眼差しや卓越したプレーを見るのとでは大違いです。
意外と身近なところでゲームを開催していることも多いですので、是非一度、会場に足をお運びください。
健康的で爽快な気分になれること、間違いなしです!!


By Admin|2014年3月7日|2014年,ニュースリリース|


Page Top