株は五月に売れ?

比較的当たることが多い?アノマリーに「株は五月に売れ」というのがありますね。
イヤな言葉ですが(^_^;)
日経平均は15年ぶりに2万円を突破し期待感が膨らんでおりまして、とても相場環境は良いように思います。
ただ、相場は本当に天邪鬼といいますか意表を突いてくるのが大好きですので、こういった時こそ警戒を怠らない姿勢が大事かもしれません。
「備えあれば憂いなし」ではないですが、警戒しておいて何もなければそれに越したことはないですからね。
一昨年の五月の急落ではないですが、ファンダメンタルズの裏付けがあれば暴落はバーゲンハントの絶好の機会となります。
こういった節目の時期には、事前に様々なシュミレーションを想定しておいて、どのようなケースであった場合でも、「100点満点とはいかなかったが、まずまずの出来だっただろう」となるようにしたいですね。
そして師走の時期には、「今年もいろいろあったが良い一年だった」と出来るように、頑張りたいと思っております。


By Admin|2015年4月12日|2015年,ニュースリリース|


Page Top