インバウンド事業の視察

先週末の連休を利用し、地方都市数か所へ出張に行ってまいりました。
主な目的はインバウンド事業における視察でありましたが、地域の様々な独自色が見られてとても面白かったです。
一つ例を挙げれば、その地域でしか手に入らない限定のお菓子も面白く、ついつい買い過ぎてしまい、
帰りの荷物が大変なことになってしまいました。

そしてやはりどこへ行っても外国人観光客の方々が多くみられ、大変好ましく思いました。
大都市圏でのホテル不足は言うまでもないことですが、どうやらそれは地方都市へも波及してきているようです。
一口に外国人観光客といってもお国柄等によってさまざまな違いがあるようで、それらについても色々聞けたのは
大変勉強になりました。

詳細をここで述べることはできませんが、これからのインバウンド事業の展開もとても楽しみにしております。
「国策に売りなし」は相場の世界だけのことではないようですね。

今後もより一層フットワークを軽くし、様々な方々とお会いさせて頂き勉強させて頂きながら、三方よしの理念のもと、
事業を進めていこうと思っております。


By Admin|2016年3月24日|2016年,|


Page Top