佐々木朗希投手 祝・完全試合達成!!

千葉ロッテマリーンズvsオリックス戦が行われた、4月10日(日)。
佐々木朗希投手が“13人連続三振”の完全試合を成し遂げ、千葉ロッテファンのみならず、
日本中の野球ファンが歓喜に沸いた日となりました。

プロ野球史上、16人目の完全試合達成者となった佐々木投手。
前回は28年前の槇原寛己氏(1994年5月 巨人vs広島戦)にまで遡りますから、
完全試合というものがいかに困難かが分かります。
佐々木投手自身は勿論のこと、彼を支えた捕手の松川選手やチーム全体の結束力、
全てが嚙み合った最高の結果が、昨日の試合ということなのでしょう。

また、昨日の試合で自己最速164キロを叩き出し、「一試合19奪三振」「13人連続三振」
「史上最年少(20歳5ヶ月)での達成」と、次々に新記録を打ち立てました。
記録ずくめとなった昨日はまさに、プロ野球史に残る“一生忘れられない日”となったことでしょう。
一夜明けた今日も、各種報道機関は佐々木投手の偉業を称える内容一色で興奮が冷めません。

改めて、佐々木朗希投手、完全試合達成おめでとうございます!
今後も弊社社員一同、一丸となって千葉ロッテマリーンズを応援してまいります。


By Admin|2022年4月11日|2022年,ニュースリリース|


Page Top