海外事業部(石油・ガスタンク基地事業)
 
 
イーパートナーズ株式会社は、2016年からインドネシアの石油タンク・ガスタンク基地事業を支援しています。
この事業は、ジャワ島の広大な土地に石油などの備蓄基地を造る、インドネシアの国家的プロジェクトです。
インドネシア国内での新型コロナウイルスの大流行により、工期の修正を余儀なくされていますが、コロナがある程度収まり工事が再開すれば、タンク容量 2万 KL(1万KL、5,000KL、2,000KL、1,500KL×2 )、桟橋 3万重量トンの建設工事は 18ヵ月以内に完了する可能性があります。
※近日中に再開予定です。
 
 

[工事計画] 第 1 期(27ヘクタール) のうち第 1 段階の工事内容
・仮設道路工事及び道路工事
・事業地内の池などの埋め立て工事
・5万トンタンカー接舷のための桟橋工事
・沖合の浚渫工事
・2万KL(1万KL、5,000KL、2,000KL、1,500KL×2)の石油タンク建設
・事務所の建設など

[工事実績] 
・仮設道路工事及び道路工事
・事業地内の池などの埋め立て工事
・護岸工事
・5万トンタンカー接舷のための桟橋取付土手道の建設
・1,500KL×2石油タンク建設(塗装除く)
・1万KL、5,000KL、2,000KL 石油タンクの基礎工事(杭打ちは完了)
※タンクの躯体部分は完成しており工場にて保管中。
・メインゲート架構
・アクセス道路の建設
・エリアフェンスの設置
・排水溝
・水消火栓用水槽
・ローリー充填設備構造物と舗装
・監視ポストとガードポスト構造物
・堤防
・埋設管用コンクリートピットの建設

[今後の工事の見通し]
これからの工事はコロナの収束に左右されますが、近日中に再開予定です。
・仮設道路工事及び道路工事
・事業地内の池などの埋め立て工事
・5万トンタンカー接舷のための桟橋工事
・沖合の浚渫工事
・2万KL(1万KL、5,000KL、2,000KL、1,500KL×2)の石油タンク建設
・事務所の建設
上記、第1期(27ヘクタール) 第1段階の工事と並行して、以下が行われます。
・桟橋設備及びタンクターミナルの操業許可
・標準操業手順書の作成
・ISO品質と商取引関係の取得の準備
・今後の港湾マスタープラン調査の作成

 

インドネシアでは、既に2021年1月に大統領がワクチン接種を行い、今後国民への接種が広がります。
その後は、工事が順調に進む見通しです。

 
 
 
 
 
 
 

インドネシアのコロナ感染状況

インドネシアも新型コロナウイルスの影響を受けています。
2020 年3月2日にインドネシアで新型コロナウイルス感染が確認されました。
2020 年4月9日までに、感染は国内の34の州全てに広がりました。
最も被害が大きかったのは、ジャカルタ、西ジャワ州、中部ジャワ州で、全国の総症例数の約48%を占めています。
1日あたりの新規感染者の増加が最も大きかったのは2021年1月16日で、14,224人の感染者が出ました。
2021年1月17日現在、インドネシアでは90万7,929人の感染者が報告されており、フィリピンを抜いて東南アジアでは最多となっています。死亡者数はアジアで3位です。
インドネシアでは、これまでに人口2 億6,900 万人に対して555 万5,428人(100万人あたり約2万606人)を検査しています。
※インドネシアの人口は、日本の人口(1 億2,596万人)の2倍以上の2億6,900万人です。
全国的なロックダウンを実施する代わりに、政府は、いくつかの県や都市のための大規模な社会的制限(インドネシア語:Pembatasan Sosial Berskala Besar、略称PSBB)を行いました。
ジャカルタやスラバヤなどの大都市封鎖も何度か行いました。
特にジャカルタでは、官公庁や銀行、会社が長期間休業になりました。また、現在でも、会社への出社率25%以下、レストランやモールの夜7時までの営業規制が継続されています。


Page Top