ACミラン本田選手

サッカーセリエAのACミランに本田選手が移籍して、世界中に大きな話題を提供してくれています。
また、今年はW杯イヤーでもありますので、今後も大きな盛り上がりを見せてくれる事と思います。
ここ十数年の日本におけるサッカー界の進歩には目を見張るものがあると思います。
三浦知良(通称・カズ)選手に始まり、中田英寿選手(通称・ヒデ)や中村俊輔選手など、海外で活躍する選手を多く輩出しています。
中でも本田選手は、『ビッグマウス』と言われるほどの言動やファッションなどでもよく話題となりますが、特筆すべきは彼のメンタリティにあるのではないかと、自身は思っております。
同じくセリエAで活躍する長友選手にも共通する点かと思いますが、明確な目標を持ち、それを堅持し決して労を惜しまない、という姿勢を挙げてもよいでしょう。
本田選手は「セリエAで10番をつける」、長友選手は「世界一のサイドバックになる」という、具体的かつシンプルな目標を持って日々を送っているように思えます。
もちろん、本人の才能を無視することはできませんが、両選手とも、ジュニア時代は今ほどの特筆すべき選手ではなかったと聞きます。
それが、今や日本代表には欠かせぬ存在となり得ており、また、彼らもその境遇で満足している様子は、微塵も感じられません。
こういったメンタリティは、我々ビジネスパーソンにも、得られるところが大きいのではないでしょうか。
「トップセールスマンになって、年収一億円を稼ぐ」とか、「起業して一部上場を果たす」または、「玉の輿に乗って、幸せなお嫁さんになる」でもいいでしょう。
こういった、世界で活躍する若者たちから色々なことを学べるのは、とても幸せなことだと思っています。
また、我々が応援する「東京サンレーヴス」からも、未来のスーパースターが出てくるのではないかと、ひそかに期待をしております。
今は、優勝争いに加わっていない状況ではありますが、チームの雰囲気はとても良いですし、未来に向けた取り組みも、着実に積み重ねているように思えます。
「俺は、マイケルジョーダンを超える」と本気で公言できるようなタフな選手が出てくることを期待しつつ、今後も楽しく応援させて頂きたいと思っています。


By Admin|2014年1月23日|2014年,ニュースリリース|


Page Top