香港のスーパーマーケットにて

今回は香港から写真が届きましたので、少し見てみましょう。
これは日本企業のドン・キホーテ・グループが、東南アジア地域で展開するスーパーマーケットの
中の、デリカテッセン・コーナーの様子です。
お寿司に焼き肉、刺身や海鮮サラダの盛り合わせ、選ぶのが楽しくなりそうな、バラエティ豊かな
お弁当やお惣菜。
スウィートポテトは、定番の形が北海道ポテトで、ハチミツで味付けしたのが東京ポテト、胡麻を
まぶしたのは大阪ポテトだそうです・・・知りませんでした(笑)。

 

 
卵のコーナーには、日本産の卵がズラリと並んでいます。

お値段を見ると、ちょっと高級そうな10個入りパックがHK$58.9 ・・・日本円で約1,120 円ですか。・・・ これは高いですね。
「情熱価格」ブランドの卵はHK$24.9(約473 円)、値引きしてHK$19(361 円)。
そういえば前述の色々なお弁当やお惣菜パックは・・・?だいたい、900円から1,400円くらい。
スウィートポテトは1個で1,300円以上!!やっぱり高いですよ!
ドン・キホーテと言いますと、私たち日本人には、安さが売りのスーパーマーケットとして馴染みが
あります。
それは香港でも同じです。
しかし現在円安の影響により(US$とHK$は連動するため)、卵をはじめ、物の値段が高くなっています。

香港がイギリスの統治下から中国に返還されて、早くも25年が経ちました。
当初の約束では、急激な変化を避けるために向こう50年は民主主義社会を維持することになっていた
はずですが、ここ数年、自由な言論や報道に対して、締め付けが強まっているようです。
背後の中国の動きが気になるとはいえ、それでもビジネスにおいて香港は、まだまだ自由度が高く、
魅力的な市場であることに変わりはありません。


By Admin|2022年11月17日|2022年,ニュースリリース|


Page Top