【カタールW杯 2022】初戦ドイツに勝利!

11/20(日)、FIFAワールドカップ カタール2022が開幕しました。
日本は4日目となる11/23(水)に、優勝経験国で格上のドイツと対戦しました。
前半33分にドイツにPKで1点を許したものの、その後日本側の選手交代が功を奏し、
後半30分・38分と続けざまにゴールを決め、2-1で逆転勝利しました!
優勝経験国を下すのは初めてということもあって日本中が歓喜に沸き、
海外からも驚きと称賛の声が上がっています。

そんな中、FIFAが公開した一枚の写真が話題になっています。
写真は、日本代表が立ち去った後のロッカールームの様子なのですが、
綺麗に整理整頓された机の上に、日本語とアラビア語で「ありがとう」のメッセージと折り鶴が
残されていたそうです。
以前、日本人サポーターがスタジアムのゴミ拾いをしている姿が注目を集めたことがありますね。
自主的なゴミ拾いは今大会でも健在で、“ゴミ拾いの輪”がサポーターの間で広がっているといいます。
応援で使用したサムライブルー色の袋を、試合後にはゴミ袋として使う。
周囲に敬意を払う日本人の心遣いやマナーの良さが海外の人々の心を打ち、各国から賛辞が
送られています。

さて、強豪揃いの“死の組”と言われるグループE。
11/27には対コスタリカ戦、12/1(日本時間12/2)には対スペイン戦が控えていますが、
この良い勢いに乗って、グループリーグ突破を期待しています!


By Admin|2022年11月25日|2022年,ニュースリリース|


Page Top